CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
RECOMMEND
LINKS
OTHERS


SPONSORED LINKS

長野県長野市で発足したシュタイナー幼稚園。現在は飯綱町に場所を移し、「ロートス・キンダーガルテン れんげ子ども園」名称も改め活動中。その園の親子クラスの様子をご紹介いたします。
<< ウポポクラス 11月7日(土曜日) 今年度の第6回目が行われました | main | 12月8日(土) 7回目のウポポクラスが行われました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
11月28日 アドヴェントガーデンが行われました

今日は、ウポポクラスの方も参加してくださった、「アドヴェントガーデン」の様子をお伝えしようと思います。

夕闇にあたりが包まれだす頃、れんげ子ども園には、沢山のロウソクの灯がともされました。今から、アドヴェントガーデンにいらっしゃる皆様をお迎えする灯りです。
 


あっという間に、あたりが闇に包まれ、開場の5:15を迎えました。

お庭に灯されたろうそく。受付、廊下・・・ いっさいの電気の光をなくし、ロウソクだけの世界。



控えの間には、ほのかに、ストーブの灯りとろうそくがあるだけの、静寂な世界。

お客様もほぼ集まりだした頃、控えの間では ”グロッケン”の音色がそこはかとなく聴こえだしました。

その小さな音に、人々はますます、静寂の世界に引き込まれます。
 
遠くで鈴の音が響きます。
 
入場の時がきました。
 スタッフに誘導されてスパイラルのある、本堂へと入っていきます。
本堂では、すでにライアーの演奏が始まっており、まだロウソクの灯っていないスパイラルは、暗くボーっとその影を浮かび上がらせているだけす。
 
静かに、ライアーの演奏が終わり、いよいよ始まりです。

教師による、語りがあり、そして、それぞれに手渡された”りんごろうそく”を持ってひとり、ひとり、スパイラルの中へと進みます。
 
その時の子ども達の表情は、本当にすばらしく今日、この時を迎えることができた感謝の気持ちでいっぱいになりました。



すべての子ども達が終わり、静かな”とき”を過ごし、退場となります。

控えの間にもどり、”りんごろうそく”が来るまでふたたび”グロッケン”の音色に包まれて過ごしました。

間もなく”りんごろうそく”が来ると、ひとりひとりに手渡され会を閉じさせていただきました。

ろうそくの灯りだけの空間
そして、濃紺のような静寂
かわいい子どもの表情
それを見守る大人達
凛とした姿の教師
どこまでもやさしい表情の教師


みなさま、本当にありがとうございました。
来年も、また。この季節に・・・

こうして、れんげ子ども園の「アドヴェントガーデン」は今年の幕を閉じたのでした。


| シュタイナー 年間行事 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト



| - | 00:00 | - | - |









http://rengekodomoen.jugem.jp/trackback/2